MENU

ジャニーズの給料仕組みは歩合制?印税やベテラン人気グループの稼ぎは?

日本男性アイドル界でトップの人気を誇るタレントが多く所属するジャニーズ事務所ですが、ジャニーズタレントは歌の仕事だけでなくバラエティや冠番組、雑誌のモデルやラジオなど多方面で活躍していますよね。

そこで気になるのがジャニーズの給料の仕組みやグループごとの稼ぎではないでしょうか。

そこで今回はジャニーズの給料仕組みは歩合制なのか、印税やベテラン人気グループはどれくらい稼いでいるのかについて調べてみました。


目次


ジャニーズの給料の仕組みは歩合制?印税はどうなってる?

ファンに夢とトキメキを、視聴者には元気と勇気を与えてくれるジャニーズ。

それと同時に経済的にも社会的にも大きな影響力を持つ企業であることは確かですよね。

そんなジャニーズに所属しているのであれば通常の芸能人よりも多く稼いでいると思われがちですが、なんと現在のジャニーズの給料の仕組みは主に給料制。

これは2023年になって正式に統一化されたようですが、それ以前は給料制と歩合制の2体系で給与が支給されていました。

かつてのジャニーズの歩合制は、稼いだ売り上げの何割かをお給料として受け取るというもの。

そしてグループでの仕事の給料は人数で等分、個人で稼いだ分は個人だけが受け取っていたようです。

しかしこれではやはり売れるメンバーは売れてお金をたくさん貰い、そうでもないメンバーと明らかな差が出てしまいますよね。

元々ジャニーズ内では歩合制と給料制の派閥があったそうですが、2020年にジャニー喜多川さんが亡くなり、トップグループだったSMAPも解散、ジャニー喜多川さんのマネージャーも退所したことから派閥争いが終結したと言われていて、現在は給料制に落ち着いたようでうす。

更にジャニーズの印税は、一旦ジャニーズ事務所に全て入り、事務所が取り分を引いてから、グループで分配されるそう。

そもそも印税には作曲印税、作詞印税、歌唱印税があり、歌っている人だけではなく、裏でその曲を作り支えてきた人たちにも売上の何%が支払われる仕組み。

そのためいくら売れたといっても全てがジャニーズメンバーに支払われるわけではありません。

キラキラしたアイドル世界でも、お金事情はかなりシビアで厳しい現状がありますね。

ジャニーズ事務所のベテランや人気グループの稼ぎは?

歩合制から給料制になったジャニーズの給与形態ですが、基本的に現在も年功序列が採用されている様子。

では一体ベテラン勢の稼ぎはいくらなか、2023年現在の推定年収で見ていきましょう。

まずジャニーズのベテランで今もバリバリに活動している人物といえば木村拓哉さんや松本潤さんではないでしょうか。

木村拓哉さんは元SMAP、松本潤さんは嵐ということで知名度も高いですが、何よりも個人個人の活躍がすごく、ドラマに映画にニューズ番組と、画面上で2人を見ない日はないといっても過言ではありません。

そんなお二人の推定年収ですが、まず木村拓哉さんが約2億8,000万円、松本潤さんが約2億とどちらも2億円越え。

更に他のベテラン勢も、東山紀之さんが約7,000万円、堂本光一さんと堂本剛さん共に約1億5,000万円など、やはり昔から築き上げてきたものは簡単に壊れないことを証明してくれる数字となっています。

そして次に気になるのは人気グループの稼ぎ。

これまで人気グループと言えば、国民的アイドルとも言われた嵐の右に出るものはいないと思われてきました。

しかし近年では若手グループもめきめきと力をつけ、その中でもSnowManやKing&Princeはファンクラブ会員数やCDの売上、テレビ出演などでダントツに稼いでいる様子。

ただグループのメンバーとしては年収数千万くらいだと考えられ、ピンで活動している人に比べたら少ないようです。

ジャニーズタレントが個人事務所を持つのはなぜ?

今や芸能人の事務所独立が止まらず、芸能界は曲がり角を迎えていると言われています。

ジャニーズタレントも次々と独立しており、中居正広さんや長瀬智也さんなどが所属事務所に縛られない道を選んでいきました。

この背景としては事務所との考えの不一致や健康面を含めて老体化、事務所に入ったきっかけとなった人や、長年お世話になった人がいなくなることでの心情変化など理由は様々。

個人事務所を持つことでお金や経費の管理は自己で行うため大変なことは多いと思いますが、事務所に縛られず且節税面でのメリットがあるため個人事務所を持つジャニーズタレントが多いようです。

またジャニーズ事務所に所属しながら個人事務所も持っているという人も多く、主にベテランと呼ばれるタレントは節税対策のために設立しているとのこと。

この個人会社はジャニーズとしての活動とは別にタレントを活動をするためではなく、あくまで税金対策で個人事務所とジャニーズが専属契約を結ぶ形となっていて、ベテランになるとジャニーズ事務所からも勧められるようですよ。

ジャニーズの給料仕組みは歩合制?印税やベテラン人気グループの稼ぎは?まとめ

今回はジャニーズの給料仕組みは歩合制なのか、印税やベテラン人気グループの稼ぎなどについて紹介していきました。

アイドルとはいえ、生活の維持や自身の夢や目標を叶えるのにお金は必要不可欠。

更には人気勝負とのこともあり、生存競争はかなり厳しい世界ですよね。

そんな中でも高い給料や多くの印税を貰えるのは個人の努力とグループとしての成功の賜物かもしれませんね。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

目次