MENU
当ページには広告が含まれています。

キングヌー常田の兄(俊太郎)はどんな人?年収や経営する会社は?

フジテレビアナウンサーの宮地愛海さんの熱愛報道が話題になっていますが、その熱愛のお相手がロックバンド・King Gnu(キングヌー)のリーダーである常田大希さんのお兄さん/常田俊太郎さんだと言われていますね。

常田さんのお兄さんは実業家でヴァイオリニストだという話ですが、一体どんな方なのでしょうか?

今回は宮地愛海さんの熱愛相手の常田俊太郎さんがどんな人なのか、年収や経営する会社について調べてみました。

目次


キングヌー常田の兄(常田俊太郎)はどんな人?

  • 名前:常田俊太郎(つねた しゅんたろう)
  • 生年月日:1990年6月6日
  • 年齢:33歳(2023年9月現在)
  • 出身地:長野県伊那市
  • 職業:実業家、ヴァイオリニスト
  • 最終学歴:東京大学工学部システム創成学科

キングヌー常田さんのお兄さんである、常田俊太郎さんは4歳の時にヴァイオリンを始め、大学受験の際に一度辞めていますが、東京大学に入学後は東京大学音楽部管弦楽団に所属し、再びヴァイオリン奏者として活動していた方。

中学時代には江藤俊哉ヴァイオリンコンクールで3位入賞、高校時代には日本クラシック音楽コンクール全国大会で5位に入賞するという実力の持ち主でしたが、音楽大学には進学せずに東京大学に進学しました。

大学卒業後には戦略系コンサルティングファームでプロジェクトマネージャーとして、新規事業開発や事業戦略策定などの分野でクライアント企業をサポート。

その後は日本の音楽家やクリエイターなど、芸術分野で活動する人たちを支援する事業を創業し、現在に至ります。

ヴァイオリニストとしては現在も活動しており、弟である常田大希さんが所属するKing Gnuのレコーディングや、millennium paradeにはヴァイオリニストとして所属している他、次世代クラシックオーケストラのグループ・Japan Popular Classics Orchestraにも参加しています。

それ以外にもアーティストの楽曲のストリングスアレンジや楽曲自体のプロデュースや編曲も行っており、実業家だけでなく音楽家としても大活躍されているすごい方なんです。

キングヌー常田の兄(常田俊太郎)の年収や経営する会社は?

常田俊太郎さんが経営する会社は「株式会社ユートニック」という会社で、2018年7月20日に今井祐輝さんと共同創業した企業です。

主な事業内容は、アーティストのファンクラブサイトの運営やアーティストのデジタルトレカアプリの運営、さらには様々なメディアを通して日本のアーティストを発信していくことなどを行っているそう。

この会社のアプリなどを利用しているアーティストには、BOYS AND MENや虹のコンキスタドールといったアイドルや、Eveさんや木梨憲武さんといった個人のアーティストがおり、もちろんmillennium paradeも利用しています。

デジタルトレカといった分野はこれから広がりを見せていくジャンルだと思いますので、どんどん事業規模も拡大されていくのではないでしょうか。

そんな将来有望な企業を経営する常田俊太郎さんの年収はというと、あくまでも予想ですが最低でも2000万円以上は稼いでいるのではないかと言われています。

まず、経営する会社の役員報酬ですが、創業当初の従業員数が10人、現在の従業員数がそれよりも増えた20~50人だと考えると、その規模の企業の社長の月額報酬平均は70万~89万円というデータが。

ユートニックはIT分野の企業ですので、そこよりは多少高いと想定すると、予想される役員報酬は960万~1200万円弱といったところでしょうか。

それにプラスしてヴァイオリニストやアーティストとしての活動の収入が入ってきますので、常田俊太郎さんが楽曲のプロデュースなども行っているということを考えると、年収にして2000万円程度以上は稼いでいるのはないでしょうか?

キングヌー常田の家族構成や父親母親の職業は?

常田さんの家族構成は、お父さん・お母さん・俊太郎さん・大希さんの4人家族です。

お父さんの職業はロボットエンジニアだそうですが、高校時代や若い時にはジャズに興じていたようで、ジャズを中心とするバンドを組んだり、ジャズバーでジャズピアノを演奏したりもしていたそう。

一方お母さんはピアノの先生だそうで、お名前は理恵さんとおっしゃるようです。

理恵さんはクラシックピアノを教えていて、このご両親の影響を受けて常田兄弟はそれぞれ楽器を始めたとのことでした。

やりたいことはかなり自由にやらせてもらっていたようで、特にマナーなどを厳しくしつけられたりなどはなく、かなり緩いご家庭だったそうですよ。

そんな常田一族にはすごい方が実はいて、常田さん達の祖父にあたる方がなんと国産初のカラーテレビ開発を主導し、紫綬褒章を受章された工学博士の常田朝秀さんなんだそうです。

この常田朝秀さんも東大出身で、もしかしたら俊太郎さんはこのおじいさまの血を色濃く継いでいたのかもしれませんね。

大希さんが大学進学の為に上京してから7年間共に暮らしていたというおばあさまは、絵描きをしていたんだとか。

残念ながらおばあさまが亡くなったことで、同居は解消となってしまいましたが、かなりおばあさまへの思い入れは強いようで、2022年から2023年への年越しで放送された『CDTV ライブ!ライブ!』ではこのおばあさまと暮らした家からパフォーマンスしました。

この家も残念ながら今年の4月に取り壊されてしまったそうですよ。

キングヌー常田の兄(俊太郎)はどんな人?年収や経営する会社は?まとめ

今回はフジテレビアナウンサー・宮地愛海さんの熱愛相手として話題のキングヌーの常田さんの兄、常田俊太郎さんについてご紹介しました。

こうして経歴を見てみるとかなりのハイスペック兄弟で、しかも今でも一緒に活動することもあるなんてかなり仲の良い家族なんだろうということが想像できます。

自身がヴァイオリニストやアーティストとして活動するだけでなく、アーティストのサポート事業も展開しているなんて、本当にすごい人ですよね。

今後宮地さんとの関係がどうなるのかも気になりますが、常田兄弟の活動にも注目してきたいですね!

最後までご覧いただきありがとうございました。

目次