MENU
当ページには広告が含まれています。

羽生結弦はなぜ結婚相手を発表しない?言わない理由は何?

羽生結弦さんが2023年8月4日に入籍したことを発表しましたが、結婚相手が伏せられているんですよね。

というのも結婚発表のSNSでも結婚についての情報はほぼなく、今後のスケート人生についてがほとんど。

なぜ結婚相手を発表しないのか、言わない理由が気になる方も多いのではないでしょうか。

そこで羽生結弦さんはなぜ結婚相手を発表しないのか、言わない理由は何なのかについて調査しました。

目次


羽生結弦はなぜ結婚相手を発表しない?言わない理由は何?

通常、有名人の結婚発表であれば、結婚相手も有名人や芸能人である場合は名前が発表されることが多く、一般の方であれば「かねてから交際していた一般女性」といった内容で発表されますよね。

しかし羽生結弦さんの結婚発表では、入籍の事実だけで結婚相手である奥さんについては全く書かれていません。

『これまでの24年間スケートと共に生きてきた、これからも最高のスケートができるように生きていきます』といった内容が書かれており、まるでプロに転向した時の発表のようです。

その結婚発表には「スケートと結婚」というトレンドが生まれるほど。

またSNSでは「いつ恋愛してたの?」「羽生くんには一日24時間以上ある?」といった驚きの声も挙がっています。

そこで、なぜ羽生結弦さんが入籍発表の文面で結婚相手について触れることがなかったのか、その可能性を調査してみました。

ファンのため

羽生結弦さんはアスリートでありながら、そのビジュアルと魅力的な演技でまるでアイドルのような人気を誇るスター選手。

これまでもファンの方への感謝の気持ちや大切に思う言葉を伝えています。

そんなファンにとって羽生さん結婚は衝撃やショックとなる可能性が高く、それを心配した可能性が高そう。

一つ情報を出せば、いつから交際していたのか、馴れ初めは何だったのかといった他の疑問も生まれてしまうため、一切伏せようと考えたのかもしれません。

結婚はしたけれど、スケートに対する気持ちやファンに対する気持ちは全く変わっていないよという思いが込められているのではないでしょうか。

結婚相手が有名人

2つ目に考えられるのは結婚相手が有名人である可能性です。

奥さんも有名人である場合、現在の活動や今後の出演などの都合で今情報を出すことができないケースも考えられますよね。

結婚相手がまだ結婚を発表できる状況でない場合も同様で、奥さんが結婚発表をする時に改めて発表しようと考えている可能性もあります。

また相手にも多くのファンがいる場合、どちらにとっても発表するタイミングが大切なため、今は言える状況ではないのかも?!

結婚相手の希望

結婚した相手が一般人である場合、取材を受けたり、報道陣に追いかけられたくないから伏せて欲しいと希望していることも考えられます。

また一般人でなくても、心の準備ができていないからまだ発表したくないという場合も。

もしかしたら、すでにご懐妊されていて今は騒ぎになって欲しくないという可能性もありますし、相手のご家族の希望というケースも考えられますね。

結婚相手の発表の必要性を感じていないから

今の世の中男性が結婚を発表しても、相手の女性が…と発表する必要性はなく、わざわざ性別を明かす必要もないという考え方もあります。

よく考えれば、男性が結婚を発表したら相手の女性は?と聞くのも今では違和感もありますよね。

あくまで羽生結弦さんが『結婚した』事実を発表したいだけであり、相手について知らせる必要はないと感じているのかもしれません。

スケートと結婚

スケートと結婚というのは羽生さんがSNSに投稿した結婚発表の内容がほぼスケートに関することだったことから生まれた言葉ですが、これは羽生さんにとって事実なのかもしれません。

羽生さんの中ではスケートと結婚しているような気持ちでこれまでやってきたし、これからもそれは変わらないということを伝えたかったのでは?!

もちろん今回誰かと結婚したことに変わりはありませんが、それ以前にスケートとも結婚していて、それは今も同じという気持ちの表れなのかもしれません。

羽生結弦はなぜ結婚相手を発表しない?言わない理由は何?まとめ

今回は入籍を発表した羽生結弦さんがなぜ結婚相手を発表しないのか、言わない理由は何なのかについて調査しました。

SNSなどでも祝福する声が多く、発表の内容も今の世の中にあっているという意見がある中、スケートのことばかり書かれていることに違和感を感じた方もいるようです。

全てを話さないのも魅力の一つですが、結婚した事実を知ると、相手は?となってしまいますよね。

どのような事情があるのかは分かりませんが、羽生さんのタイミングで話される時が来るかもしれませんね。

目次